フィンのサボ、ベレンの実力


サボでも靴紐タイプの靴と遜色ない履き心地。

フィンコンフォート BELEN ベレン 2555
フィンコンフォート BELEN ベレン 2555

外反母趾で靴選びに苦労されていたKさん。

フィンコンフォートにたどり着くまで、何年も自分のあった靴を探していたようです。

どうしても足に靴があたり痛くなるので、大きめのサイズを購入しがちだったようで、かえってそれが、足を悪化させる方向に行きがちです。

 

まずは、足のサイズを測定し、フットプリントをとり、足の特徴を知るところから始まります。

靴幅の広狭さ、甲の高低さ、また紐靴にするかベルクロにするか、いろいろなモデルがある中で、

Kさんには、靴紐で比較的幅広の八王子をご購入いただきました。

その後、中敷きをいれるなど何度か調整をしました。

靴は、お客様それぞれの足の個性に合わせて、靴を調整することが、シューフィッターの仕事の大きな一つです。「履き心地」はお客様と私達シューフィッターとの共同作業によって出来上がるものだと考えています。

 

 

「今はこの靴以外履けない。靴紐を締めると何ともいえず履き心地が気持ちいい。」とKさん。

靴が足そのものになったようです。

 

先日勤務先用にとベレン2555のイエローカラーを買われていきました。

今人気のサボタイプです。

コンフォートシューズでもこういったサボタイプがあるんですね。

なんとなく、

サボ=つっかけ=脱げやすい

の構図になりがちですが、フィンコンフォートのベレンは違います。

 通常の靴紐タイプの靴と遜色ない履き心地です。

履き口のベルトの調整とフィン独自のインソールで脱げにくく、足が靴の中を泳ぎません。

しっかりインソールと足がフィットしているので疲れないし、履いているという違和感がないので

そのまま履いて家に帰りそうになったとか。

 

かわいい靴下と合わせおしゃれな足元を楽しめる一足です。

 

 


一度履いたら一生モノ。 履き心地にこだわった、

ドイツ最高級のコンフォートシューズ。

 

厚めの靴下でもサッと履いて出かけられて人気のクロッグはオールシーズン活躍。
室内履きとしても。

「フィンコンフォート ベレン BELEM 2555