足の健康と靴


私たちの足について

私たち人間は、二本の足で立つことが当たり前と思っていませんか?

よ~く考えて見てください。

現在の科学の粋を集めても、私たちと同じプロポーション(体と足のバランス)の

二足歩行ロボットはできないんです。

つまり・・・体の大きさの割に足がすごく小さいんです。

では、なぜ私たちはそんな小さな二本の足で

立ったり、歩いたり、走ったり平気で出来るのでしょうか?

それは・・・私たちの足の構造によるものなんです。

私たち人間の足の構造は、自然界に存在するものの中でも

最高傑作といわれるものの一つです。

では、そんな素晴らしい足とはどんなものなんでしょうか。

足には、片足に26個の骨があります。

全身の約四分の一の骨が足にあるんです。

その骨が、土踏まずといわれる親趾(第一趾)付け根からかかとにかけての

内側縦アーチをはじめ親趾(第一趾)付け根から小趾(第五趾)付け根にかけての

横のアーチ、小趾(第五趾)付け根からかかとのかけての外側縦アーチの

三つのアーチを形成しています。この足のアーチ構造が非常に重要なんです。

外反母趾等で足の変形が起きてしまうと、足の機能低下だけでなく、

全身の骨格のゆがみが起きてしまうので、

膝痛・腰痛・肩こり等の不快な症状が出てしまうことにもなります。

足の骨格を崩さないことが非常に大事なことなんです。

そのためにはどうすればいいでしょう・・・

足の骨格改善に役立つ、靴選びと正しい履き方については

コチラのページで詳しく紹介しています。


靴底の減り方について

毎日履く靴の底の減り方で、正常な歩行をしているかどうかのチェックもできるんです。

 

 

足と靴と健康協議会(FHA) 「はだし気分で歩こう」より転載

【左】正常歩行

かかとのセンターに対して外側に約45度の角度で減っている。

【中】がにまた歩き

センターに平行気味に外側に減っている。(O脚状態)

【右】内また歩き

センターに対して直角気味の位置が減っている。(X脚状態)


疲れない靴の専門店 カインド TEL:0265-23-9241

定休日:毎週水曜日

営業時間:10時00分~19時00分